外国人の恋人or配偶者とやりなおすための復縁屋

外国人と交際して結婚に至るカップルは、毎年の婚姻件数に対して3~4%ほどです。

しかし実際には「外国人のパートナーとやり直したい」と復縁屋に駆け込む人が急増しています。こうした状況に対応するため、復縁屋株式会社では国際対応可能な体制を作り、スペシャリストがバックアップできるよう日々工作テクニック向上に努めています。復縁屋が国際恋愛に対応するようになった経緯・仕事の内容と、外国人と復縁するときのポイントを紹介します。

 

国際恋愛を専門にする「復縁屋」とは

国際恋愛を専門にする「復縁屋」とは

復縁屋という業種そのものは、世界的に見て珍しいものではありません。儒教文化が強く人と人との縁を大切にする中国・韓国を中心に、探偵業務の延長として行われています。そういった会社では「国境を越えた人探し・調査・復縁工作」も行うのが一般的ですが、日本ではこれまであまり浸透していませんでした。理由として、国際恋愛カップル(一方が日本人)の少なさが影響したものと考えられます。

ところが近年、外国人と復縁したいという要望が、復縁屋への依頼件数全体を押し上げるほど上昇しています。こうしたケースでは、通常の日本人同士のカップルとは異なり、次のような対応が求められると言えます。

 

【パートナーが外国人であるケースで復縁屋に求められる対応】

  • すでに帰国してしまったパートナーに対する現地調査&工作
  • パートナーの母国にいる恋人or浮気相手に対する別れさせ工作
  • 語学力・価値観の違いを乗り越えて関係継続するためのサポート

 

こうした対応をするには「日本人カップルの復縁実績多数」というだけでは到底足りません。語学力・文化理解力・現地生活経験が必要です。

また、国際結婚や恋愛に関する学術的研究は、あまり行われていません。心理学の論文・文化研究レポートから複数のエビデンスを参考にして、復縁屋が自分たちの手で方法論を組み上げる必要があります。そのため専門部署を立ち上げざるを得ず、復縁屋株式会社では国際対応可能スタッフだけでチームを組んでいます。

 

外国人との復縁の流れ

復縁相手の国籍に関わらず、復縁屋に相談したときから解決までの流れは同じです。

 

【復縁の流れ】

  1. 相談
  2. 契約締結(契約書&重要事項説明書の交付)
  3. 復縁前の調査
  4. 調査報告書をもらって、あらためて打ち合わせ
  5. 復縁工作開始
  6. 復縁成功&アフターフォロー

 

最も重要なのは、相談と調査のステップです。人間関係の修復では、初動時の情報量が成功率に直結します。メンタルサポートに関して確かな実力を持つカウンセラーが相談対応にあたり、事実と相手の現状確認につとめます。

調査のステップでは、同じ国でも地域ごとに細かく違う習慣・文化に適応しなければなりません。先入観を持たず、語学力と柔軟性を高いスタッフが現地に飛びます。浮気相手の存在から人生観にわたるまで、外国人パートナーの情報をくまなくチェックしてから、復縁工作を実施します。

 

外国人パートナーとのお付き合いで注意したいこと

外国人の恋人or配偶者と復縁して幸せになる方法

外国人パートナーと破局に至ってしまう原因の多くは「価値観が違うから」「文化習慣が全く合わなくなった」というものではないでしょうか。

復縁屋が担当するほとんどのケースで、これらの分析は的を射ています。もうひとつ理解しなければならないのは、世界的に見ると日本の価値観・文化習慣のほうがマイノリティであるということです。それは、気心しれたカップルの仲にも「違和感」として現れることがあります。

 

ジェンダー観の違いに注意する

日本は先進国のなかで最もジェンダー・ギャップ(男女の格差)が大きい国です。2017年に行われた男女平等ランキング調査では、149カ国中114カ国と最下位クラスです。

経済は114位と4つ順位を上げたものの、依然低い水準だ。男女の収入格差が大きいのが影響しているうえ、専門職や技術職で女性が少ない。教育は識字率は世界1位だが、高等教育の進学率が101位と低く、同分野全体で74位にとどまっている。健康は出生時の男女のバランスの改善で、40位から一気に1位に浮上した。(引用:日本経済新聞電子版/2017年11月2日)

男女が不平等であることは、私たちが悪気なく取っている行動・言動にも表れています。外国人パートナーはこれを敏感に感じ取り、マイナスの評価をしてしまうのです。

復縁屋で目標を達成する際は、日本特有のジェンダー・ギャップから来る悪いイメージが依頼主に付きまとっていないか、慎重に調査を進める必要があります。と同時に、カウンセラーと二人三脚で別れの原因を分析してみる必要もあるでしょう。

 

「外国人に対する特別意識」に注意する

日本人はどの地域の人に対しても特別視しがちです。

たとえば中韓・インドネシア・タイ等のアジア地域の人に対しては「価値観がやや古い」「経済途上国」という印象を持ちがちですが、現代では決してそのようなことはありません。むしろ経済成長率は世界的にみて高い地域で、日進月歩あたらしい価値観を身につけながらビジネスに挑む人ばかりです。こうした理解が遅れていると、カップル間のコミュニケーションで相手を失望させてしまいます。

まずは真摯に相手に向き合い、外国=特別な場所という認識を捨てることが大切です。そうした意識改善を行えるアドバイザーも、調査や工作を行う探偵スタッフとは別に復縁屋に在籍しています。

復縁工作と復縁屋

あなたの笑顔、取り戻します!本気で復縁したいとき、復縁工作の専門家、復縁屋株式会社にご相談ください。

復縁屋株式会社サイト&参考サイト

復縁したいの為に、復縁屋の復縁工作 - 復縁屋株式会社(Fukuenya Inc.)復縁したい方へ。復縁屋の復縁工作・復縁無料相談窓口・フリーダイヤル [通話無料]復縁電話相談(全国・24時間) 女性専用0120-023-216復縁したいときご相談ください。復縁屋の復縁工作・復縁無料相談窓口・フリーダイヤル [通話無料]復縁電話相談(全国・24時間) 男性専用0120-056-081復縁したいなら復縁屋・復縁工作のメール無料相談(お問い合わせフォーム)復縁したいなら復縁屋・復縁工作の電話・面談お申し込み※相談料は無料です。